13,ある雨の日に(1)

– Porom Side –

 数日経ったある日、仕事の後。
 わたしとカインさんは、試練の山の頂上付近でじっと固まったように向こうを凝視していた。
 目線の先には暗い洞窟。
 中から、時折毒々しいピンク色の尻尾が覗く。
 あれはリリスというモンスターの巣。
 わたしたちは小一時間ほど前からリリスの巣をじっと観察していた。
「・・・やはり、デマではないのか?」
 しびれを切らしたようにカインさんが小声でひそひそと言う。
「だって怪獣図鑑に書いてあったんですもの!」
 わたしもひそひそ声で言い返す。
「だがいくら待ってもリンゴを持ったリリスなど出て来んではないかっ!」
「シーッ! 声が大きいですわ!!」
「・・・・・・」
 茂みに隠れてリリスの観察を続けるわたしたちの目的、それは、『銀のリンゴを持ったリリスをこの目で確かめること』だった。
 怪獣図鑑を読んでいたわたしが偶然そんな記事を見つけ、検証しに行こうと言いだしたのが発端だ。
 カインさんには断られるかなと思っていたけれど、銀のリンゴがレアアイテムであるという意識はあるらしく、意外にもすんなりついてきてくれた。
 しかし、茂みに隠れてからもうだいぶ経つがリンゴを持ったリリスなど一匹もいない。
 というか、そんな姿は想像もつかない。
「・・・確率はどれくらいだ?」
「100匹に1匹いればいいくらいって書いてありましたわ」
「・・・はぁ!?」
 カインさんは呆れたように眉をひそめた。
 そしてがっくりと肩を落とす。
「それはまた、気の遠いことだ・・・」
 以前より感情表現が豊かになったカインさんの反応を見てわたしは微笑む。
 銀のリンゴを持ったリリスは見つからないけれど、何だか楽しいのはわたしだけだろうか。
「もう10分だけ・・・あらっ?」
 その時、冷たいしずくが空から落ちてきた。
 ぱた、ぱたと葉の上に水が落ちる音が聞こえてくる。
「・・・雨か?」
 カインさんも掌を空に向けて言った。
「残念ですわ、これでは検証ができないじゃないですか」
 そんなことを言っている間に、雨が葉を打つ音は徐々に早く大きくなってゆき、あっという間に周囲を覆う轟音になってしまった。
「きゃーっ! 何、この雨!??」
「夕立か・・・? とにかく、戻るぞ!」
「はい!!」
 先程まで晴れていた空は打って変わって黒い雲に覆い尽くされ、ざんざんとつぶてのような雨がわたしたちを打った。
 もう、こんなに急に降りださなくてもいいのに!
 どこからともなくゴロゴロという低い嫌な音が響いてくる。
 わたしの嫌いな、雷の音だ。
 その時、空が白く光った。
 嫌な予感がした後、つんざくような雷鳴が鳴り響いた。
「きゃあ!」
「急げ!」
 一瞬足を止めたわたしの手を引っ掴み、カインさんはわたしを引っ張った。
 水たまりに足を取られそうになりながらも、わたしは必死でカインさんを追う。
 そしてコテージにたどり着いた時にはもうローブの表面が雨を吸ってずっしりと重くなってしまっていた。
「ああ~もう、災難でしたわ・・・」
 雨から逃れ、ローブの裾を絞りながらわたしはへなへなと愚痴った。
 せっかくちょっと楽しかったのに。
 絞るそばから雨水が流れ出る。
「山にいればこういうこともある。運がなかったと思え」
 そう言ってカインさんはタオルを投げてくれた。
 鎧のおかげで服はほとんど濡れなかったらしく、カインさんは鎧を外すとがしがしと金髪をタオルで拭き始めた。
 その様子にわたしはぽーっと見入ってしまう。
 大雑把に水分を拭き、前髪を無造作にかき上げた時の姿といったらもう。
 水も滴るなんとやらと言うけれど、これほど絵になる男性もなかなかいないだろう。
 わたしが自分の髪を拭くのも忘れて見惚れていると、カインさんは何を勘違いしたのかすたすたとコテージの奥へ入って行った。

次のページへ進む

UP