18,闇の集結(1)

– Cecil Side –

 その夜。
 自室の机にペンを置き、セシルは眠そうに欠伸を噛み殺した。
「ふう、今日はもうこれくらいにしておくか」
 書類の束をトントンと整えて脇によける。
「ローザ、そろそろ寝よう」
 振り返ると寝着姿の妻は何やら面白そうに白い茶器を眺めていた。
「明日はカインにもらったそのカップでお茶を飲もうか」
 言いながらローザの隣に腰かけると、ローザは何やら意味深に微笑んだ。
「可愛いティーセットね」
「うん? そうだね、真っ白でシンプルだけど、この控えめな模様とか花を形どったソーサーとかね」
「いったい誰に選んでもらったのかしらねえ?」
「え?」
 うふふ、とローザがにんまり笑う。
「あのカインのセンスだとは考えにくいわ。どこかの可愛らしいお嬢さんにでも選んでもらったかしら?」
「ロ、ローザ、それって・・・?」
 ようやく妻の言わんとすることを察知したセシルはおたおたとカップとローザを見比べた。
「あら、私のこういう勘はけっこう当たるのよ? カインもついにそういうお相手を捕まえたんだとしたら、喜ばしいことだわ。祝ってあげなくっちゃ」
 どんな子を選んだのかしらね、もしかしたら今日早く帰ったのもそのせいかしら、とローザはうきうきしながらあれこれと推測を並べ立てる。
 よくそこまで想像できるものだなあとセシルとしては感心するばかりだ。
「じゃあ今度会ったらぜひとも紹介してもらおうか」
「ええ、最重要案件だわ」
 そう言ってローザはカップをソーサーの上に置いた。
「さあ今日はもう寝よう。僕は今とてつもなく眠い」
 セシルは大あくびをすると目をこすりながら布団へともぞもぞ移動した。
 その時。

『クカカカカ・・・』

 背筋をぞっとさせる声が響いた。
「!!!」
 セシルの動きがぴたりと止まる。
 眠気は吹っ飛び、冷や汗が流れた。
「セシル、今の声・・・」
 ローザも表情を一変させてそろそろとセシルに寄り添う。
「ローザ、君にも聞こえたのか!?」
「ええ・・・」
 空耳なんかではない。
 セシルは息をのんだ。

『クカカカカ・・・いい気なもんだなぁ、おい?』

「どこだ! 姿を見せろ、カイナッツォ!!!」
 忘れようにも忘れられない、人を小馬鹿にしたようなこの笑い声。
 バロン王となり替わり、バロンを悪の国家に作り替えた憎き魔物。
 セシルにとって四天王の他の誰よりも忘れ難い仇、それが水のカイナッツォだった。
『クカカカカ・・・残念ながらまだ実体がなくてなあ・・・! だがそれももうじき終わる・・・すぐにこのバロンを再び血に染めてやろう!』
 がんがんと頭に響く悪の高笑いに舌打ちをし、セシルはベッドの下に隠してあった剣を目にもとまらぬ速さで引き抜いた。
 ちゃきん、と小気味よい金属音を立てて構えられたその剣は、月で賜った聖剣ラグナロクだ。
「失せろ!!!」
 空を斬ると光の筋が拡散した。

『クカカカカ・・・すぐに会えるぞ・・・墓の準備でもして楽しみに待っていろ・・・!!』

 そして、光が収まった頃、不気味な声は止んだ。
 後には何もなかったかのような静けさだけが残る。
「何だったんだ・・・今のは・・・!?」
 蒼白な顔でセシルが見つめる先には見慣れた部屋が広がるばかりだった。

次のページへ進む

UP