20,誓詞(1)※エジリディ

– Edge Side –

 ミシディアに集った後、俺はミストの村へとファルコンで向かった。
 もちろん、リディアを迎えに行くためだ。
 ミシディアのミンウ長老の作戦はこうだ。
 まず戦火の拡大を防ぐため、戦場は四天王の融合体<ゲリュオン>が降臨するという試練の山だけに留める。
 そのために各国の能力者を山の周りに集め、強力な結界を張る。
 極めて力の強い者が上空から結界を管制し、その間に俺たち――セシル、カイン、リディア、ポロム、そして俺が結界の中でゲリュオンを討つ。
 今すぐにでもリディアを連れに行き、実戦の勘を取り戻すべく準備をしなければならない。
 猶予は一週間。
 それを一週間「しか」と取るか、一週間「も」と取るか――どちらにしても、ゲリュオン降臨を伝えに来てくれた過去の宿敵ルビカンテに感謝せずにはいられなかった。
「あら、エッジ!」
 リディアの家に着くと、いつもの明るい笑顔が俺を迎えてくれた。
「よう!」
 軽く右手を上げて俺も応える。
「どうしたの? 次に来るのは来月になるって言ってたと思うんだけど・・・」
「・・・それがだな、ちょっくら面倒くせーことになっちまってよ」
 小首を傾げる彼女に促され、俺は木製の椅子に腰を下ろす。
 はて、どこから説明したものか。
「なぁに? 面倒なことって」
 向かいに座って俺の返事を待つ、のん気な顔。
 四天王が復活する、なんて言ったらどんな顔に変わるんだろうな?
 迷っても仕方ねぇ。
 どんなに冗談みたいな話でも、言わなきゃならねー真実なんだからな。
 俺は「実はな」とひと呼吸置いてから、ミンウ長老に話したのと同じ内容をリディアに伝えた。
 突如ルビカンテの声が聞こえてきたこと、ルビカンテが話した四天王の生い立ち、そしてゲリュオン来襲のこと・・・。
 話すにつれて、元々大きいリディアの目はさらに見開かれていった。
「そんな・・・!!」
 愕然としてリディアが口元を押さえる。
「嘘みてーだろ? 俺も最初は耳を疑ったぜ」
「・・・ううん、でも信じる! エッジ、こういう嘘つく人じゃないもん」
 見ると、リディアは気合を入れるようにぐっと両の拳を握りしめていた。
 俺・・・妙なところで信頼されてんのな。
 褒められたのか何なのか微妙な気分で俺はあいまいに頷いた。
「ま、まあとにかく、だ。そのミンウ長老の作戦通り、俺たちはまた戦わなきゃなんねーわけよ」
「それであたしを迎えに来たのね?」
「ご名答。オメーの連続魔フレアに頼らねーとまずいくらいの事態ってこった」
 リディアはすこし考えるふうにした後、やがて首を縦に振った。
「・・・わかったわ。あたし、頑張ってみる」
 俺は心中でほっと胸をなで下ろした。
 まさか断られることはないだろうと確信はしていたが、幻界にも住むところがあるリディアのこと、万に一、いや億に一でもその可能性が無いとは限らなかったからだ。
「助かるぜ! すぐにでもミシディアに行けるのか?」
「んっと・・・一応幻獣王さまたちに伝えてくるから、こっちの時間なら夕方くらいには行けると思うよ」
「そか、わかった」
 俺が満足げに頷くと、リディアはさっそく幻界に移動するための準備を始めた。
 俺にはさっぱり意味がわかんねーけど、床に魔法陣を描くように石やら何やらを配置していく。
 この文様によってリディアは瞬時に幻界と行き来できるらしい。
 手慣れた様子で魔法陣を仕上げるとリディアはその中心に立った。
「あー・・・リディア、ちょっといいか」
 転移の呪文を唱えようとしたリディアを俺は呼び止めた。
「ん? なぁに?」
 きょとんとして訊き返す彼女。
 俺はひとつ咳払いして姿勢を正す。
「えっとだな・・・幻界から帰ったらでいいんだけどよ、話しておきたいことがあるんだ。その・・・ゲリュオンと戦う前に、どうしても・・・な」
 くそっ、自然に言おうと思ったのによ。
 いつになく神妙な言い方になっちまった。
 案の定、リディアの目に影が差した。
 ああ、あの顔は気付いちまったんだな、俺の言わんとしていることに。
 知ってんだよ、オメーが俺と“この話”をしたくねーってことくらい。
 けどよ、ゲリュオン戦でお互いどうなるかわかんねーんだ。
 オメーの顔を曇らせるようなことは言いたかねーけど、俺は今、きっちりけじめをつけておきてーんだよ――俺とオメーの間にある、この微妙な距離に。
「・・・うん、わかった。後で、聞くね」
 リディアはそう微笑んで、手を振った。
 ・・・クソッ、目は笑ってねーじゃんかよ。
「おう。オメーが帰るまで待ってっからよ」
 俺は努めて明るくそう言った。
 そしてリディアは二、三言呪文を唱えると魔法陣の中へと消えていった。
 ・・・心が痛いぜ・・・。

次のページへ進む

UP