21,ゲリュオン降臨(1)

– Porom Side –

 満月までの一週間はあっという間に過ぎ去った。
 今夜四天王の融合体<ゲリュオン>が試練の山に降臨する――そう考えるとわたしの胸はぞわぞわと粟立つ。
 自分から参戦を申し出ておいて何を、と思われるかもしれないけれど、怖くないなんて言ったらまったくの嘘だ。
 でも、頑張らなきゃ。
 わたしが皆を白魔法で支えるんだから。
 ミンウ長老の示してくれた作戦はこうだ。
 まず、直接敵を迎え撃つのは月の戦役のメンバーから身重のローザさんを抜いた四人――すなわちセシルさん、カインさん、エッジさん、リディアさん――とわたし。
 けれど互いが全力で戦えば大地はめちゃくちゃになってしまうし市街地にまで戦火が及んでしまう。
 最悪、ゲリュオンが場所を移動してしまっては世界中が巻き込まれることになる。
 そこで、世界の能力者たちが協力して試練の山の周りに協力な結界を作る。
 バロンの魔道士、ミシディアの魔道士、エブラーナの忍術使い、トロイアの神官、ファブールのモンク僧。
 それら五班で五芒星を作り、さらには長老が空から飛空艇で管制し、戦火を抑える結界を張るのだそうだ。
 すでに上空ではファルコンのプロペラ音が響いていて、地上の準備も着々と整っている。
 わたしは、試練の山を取り巻くようにそびえ立った光の壁を見上げた。
 この中に・・・入って戦うのだわ。
 ごくりと唾を飲み込んだ時、肩にぽんと手が置かれた。
「怖いか」
 見上げると、カインさんがいつの間にかわたしの横まで来ていた。
 兜を被っているから顔は見えないけれど、きっととても優しい、安心させる表情をしているに違いない。
 わたしは素直に答える。
「はい」
「正直だな。だが俺も怖い」
「カインさんも?」
 意外な気がしてわたしは振り仰いだ。
「ああ。皆そうだ、セシルだってな。強敵と戦うのはいつだって恐ろしいものだ」
 カインさんが目を向けた先には、離陸前のエンタープライズの機体があった。
 その前でセシルさんがローザさんと話し込んでいる。
 きっと、戦の前の別れを告げているんだろう――ローザさんと、お腹に宿る小さないのちに。
 別の方を見やると、エッジさんとリディアさんが並んで夕焼けの彼方を眺めていた。
 気のせいか分からないけど、以前に比べてふたりの雰囲気はすこし変わったように思う。
 柔らかくなったというか、落ち着いたというか・・・長年の夫婦と見紛うような、そんな感じ。
 彼らは今、夕陽の向こうに自分たちの未来を見つめているのかもしれない。
「・・・生きて、帰って来ましょうね」
 わたしは自然とそう呟いていた。
「絶対勝って、生きて戻りましょうね。わたしたちみんなにこんなにも未来が待っている・・・」
 絶対に、その未来を失くしてしまってはいけない。
 この輝かしい未来を。
「・・・ああ。必ず」
 カインさんも横で頷いた。
 大丈夫。
 わたしたちならできる。
 わたしたちの未来を、守るんだ――

 夕陽が山の端に隠れ、闇に染まった空には紅の月が上った。
 ふたつめの月はもうないけれど、血のような色の、大きくて不気味な満月。
 これから現れる強敵を予感させる禍々しさに、わたしは肩を震わせた。
 今わたしたちは試練の山の山頂にいる。
 周囲は世界の皆が作り出した結界に取り巻かれ、上空でホバリングしているファルコンがその結界を集束しているようだ。
 普段なら山頂の冷たい風が吹くこの辺りなのに今は怖いくらいに静かだ。
 風は吹くことを忘れてしまったかのようにぴたりと止んで、動物たちの声もすっかり消えてしまった。
 五人の息遣いが響くほどの静けさの中、わたしたちはゲリュオンの降臨を待った。
 静寂は、突如破られた。
 バン、と爆発音を立てて突然山頂の社がはじけ飛んだのだ!
「来るぞ!」
 セシルさんの声が飛ぶ。
 間もなく、目も開けられないほどの暴風がわたしたちを襲った。
 わたしはじっと精神を集中したままその場に踏ん張った。
 地面が揺れる。
 水柱が噴き上がる。
 どこからか火の粉が飛んでくる。
 そして視界が開けた時にわたしが見たものは、自分の知っている四天王とはまるで似ても似つかない異形の怪物だった・・・。

次のページへ進む

UP