HORIZON

FINAL FANTASY IV
Another Future

10. どこにも行かないで(1)

- Porom Side -

 エッジさんたちが来た後すぐに下山したわたしは、まだ明るいうちに家に着くことができた。
「あら……?」
 玄関の扉の鍵穴に鍵を差して首を傾げる。
 鍵は、開いていた。
「パロム、いつもはこんなに早く帰って来ないのに」
 珍しいこともあるものだ。
「ただいまー」
 いったいどういう風の吹きまわしだろう?
 わたしは鞄を置き手洗いうがいをしてからパロムの部屋に向かった。
 ノックをしてドアを開けると、パロムはせっせと黒マントにブラシをかけていた。
「珍しいわね、服のお手入れなんて」
 するとパロムはわたしの声に振り返りもせずに「まあな」と答えた。
 いつもやかましい弟にしては妙に落ち着いた声だった。
 表情も何だか真剣で、それ以上声を掛け難い雰囲気だ。
 不思議に思っていると、パロムはやがてにやっと笑って振り向いた。
「ポロム」
「……何よ」
 何か、おかしい。
 もしかして、わたしがカインさんに届かぬ想いを寄せていることがばれてしまったのだろうか?
 わたしは勝手にドキドキしていたが、パロムはちっちっちと指を振って言った。
「聞いて驚くなよ」
「だから、何?」
「オレさぁ……」
 わたしはじっと言葉の続きを待った。
 何だろう。
 わずかな間が、もどかしい。
 そしてパロムが言った驚きの台詞は。
「トロイアの黒魔法特別講師として雇われちゃったもんね~!」
「ええーーーーーっ!??」
 あまりに予想外で、あまりに衝撃的すぎて、わたしはその場にぺたんと腰を抜かしてしまった。
 パロムが、トロイアの黒魔法特別講師ですって!?
 この、ちゃらんぽらんなパロムが!??
「何かさ、トロイアには飛び抜けて優秀な黒魔道士がいないんだってさ。で、もしまたダークエルフみたいな敵が現れたらまずいからってことで強化したいらしいんだ。そこでこのオレの出番ってわけさ!」
 パロムはにかっと白い歯を見せた。
 なるほど、それで納得がいった。
 確かに以前からパロムはちょくちょくトロイアへと行っていた。
 わたしはどうせ仲がいい女の子でもいるんだろうなどと思っていたけど、仕事のためだったんだ……。
 内心でパロムに詫びる。
 不真面目で遊んでいるばかりだと思っていた弟だけど、もう彼も一介の魔道士なのだ……。
「……おめでとう、すごいじゃない」
 自分が知らなかった弟の成長に一抹の寂しさを感じたが、わたしは精一杯の笑顔で讃えた。
「へっへーん。見直したか」
「ええ、見直したわよ」
 素直に言ってやると、パロムは少し照れたように鼻をこすった。
「ま、そんなわけで明日から行ってくらぁ」
「うん、頑張ってね!」
「わーってるよ」
 ……よかった。
 正直心配していたのだ。
 わたしがいないと怠けるばかりする弟だったから、修行で強くなっても遊び呆けるのではないかという不安があったから。
 それが、黒魔道士の講師だなんて。しかもトロイアという大国の!
 これは、今夜はご馳走だわね。
 わたしは頭の中で献立を思い描いた。
 その時、パロムは黒マントをハンガーに掛け直すと、ふいに身体ごとこちらに向き直って神妙な顔を浮かべた。
「……?」
 それは、わたしが今まで見たこともないような真剣な顔で。
 沈痛で、苦しげで、どこか申し訳なさそうな――そんな顔だった。
 そして、パロムはぼそっと言った。
「……三食・部屋付きだ」
「……え?」
 わたしは我が耳を疑った。
 三食・部屋付き。
 それが示す意味は――
「だから! もうここには帰らねーって言ってんだよ!」
 パロムはわたしの肩を引っ掴んで語気を強めた。
「……うそ」
 目の前が真っ白になった。
 茫然としてパロムを見つめる。
 みなしごだった自分たちにとって、唯一の家族。
 小さい時から片時も離れて暮らしたことのない、かけがえのない家族。
 喧嘩もよくしたけれど、知らず知らずのうちに頼りにしていた弟。
 魔法の修行をする時も共に支え、励み合った大切な弟。
 十年前は同じような顔と背格好だったが、今はもうだいぶ違う。
 パロムのほうが背が高いし、顔つきも男らしくなった。声も低くなった。
 それでも何の疑いもなく、この先もずっと一緒にいると思っていた。
 それが、明日にはもうこの家を出るという。
 唯一無二の弟は、明日からはもう帰って来ないのだという――
「何、呆けてんだよ……」
「だって……黒チョコボで通うのかと……」
「……それも考えたけどさ、ちょっと遠すぎるし、やっぱり仕事に集中したいんだ。特別講師とは言っても、初めての仕事だからな。もう長老の許可ももらってる」
「ま、待ってよ、わたし何も聞いてない……!」
「俺が長老に頼んだんだ……ポロムには伏せておいてくれって。きっと寂しがるから」
「さっ……寂しくなんか……!」
 寂しくなんか……ない、わけない。
 こんなにパロムとの別れにショックを受けている自分に驚くほど、わたしは狼狽していた。
 思わず涙が溢れそうになる。
 が、すんでのところでわたしは歯を食いしばった。
 何やってるの、ポロム。パロムの祝うべき門出でしょう。笑顔で見送らないでどうするの。
「……応援してるから」
 わたしはぎゅっと弟を抱き締めた。
 こんなことは普段は嫌がるパロムも、子どもの頃のように抱き締め返してきた。
「ん。……今まで色々、ありがとな」
「ばか、泣かせんじゃないわよ」
 ふふ、とわたしは笑った。  

 翌朝。
 トロイアへと旅立つパロムは、いつも通り茶色の髪を後ろで三つ編みに結い、黒マントを羽織った。
 もともと荷物などほとんどないので軽装である。
 郊外の森に黒チョコボの迎えが来るそうだけど、そこまで見送りに行ってしまうと自分も付いて行ってしまいそうなので、見送りは玄関先までと決めていた。
 そして笑顔で見送る、ということも。
「ちゃんと好き嫌いせずにご飯食べるのよ」
「分かってるよ」
「寝坊したらダメだからね」
「分かってるよ」
「皆さんにきちんと敬語使うのよ」
「分かってるよ」
「それから……」
「大丈夫だって! いざとなったらいつでも帰って来れるんだからさ!」
 パロムが苦笑する。
 わたしも寂しさをこらえて微笑んだ。
「うん……そうだよね。……頑張ってね!」
「おうよ! 無敵のパロム様に任せとけ!」
 パロムは親指を立ててニッと白い歯を見せた。
「じゃ、行ってくる!」
「うん! 行ってらっしゃい!」
 パロムがわたしに背を向ける。
 どんどんその背が遠くなる。小さくなる。
 一度だけ振り返って手を振って。
 そうして、パロムは行ってしまった。
 わたしはその後もしばらくその場に立ち尽くしていたが、やがて玄関の戸を閉め、ぺたん、と廊下にへたりこんだ。
 立ち上がる力が入らなかった。
 今までずっと一緒に過ごしてきた双子の弟はもう行ってしまった。
 どうやら今日からこの家で、わたしはひとりで過ごさなければいけないらしい。
 そう思うと狭くて古いこの家も、やけにがらんとして広く思われた。
「お料理とか……今までの半分にしなきゃね……どうしよう……」
 ひとりごとがひとつ、ぽろりとこぼれた。
「ひとりだと……お風呂張るのもったいないわよね……シャワーだけにしようかな……」
 またひとつ。
「お洗濯……半分になっちゃうね……」
 また、ひとつ。
 まさか、こんなにも唐突に弟との別れが訪れるなんて。
 パロムの就職なんて、諸手を上げて喜ぶべきことのはずなのに。
 心にこんなにも大きな空洞ができてしまうなんて……。
 わたしはしばらくの間そこから動くことすらできず、ただただ床の板目を抜け殻のように見つめていた。

 どれくらい経っただろうか。
 再び顔を上げた時にはもう太陽が南中にさしかかろうという頃だった。
「お仕事……行かなきゃ」
 こんな時でも仕事をさぼろうとしない自分の生真面目さが今日ばかりは呪わしい。
 わたしはのろのろと立ち上がると白魔道士のローブを手に取った。

 この時期、山頂の風は少し冷たい。
 でもそんなことを感じるような繊細さなど今のわたしにはなく、わたしは山頂の社にもたれるようにして流れゆく雲をずっと見るでもなく眺めていた。
 仕事に来たはいいものの何も手に着かない。
 わたしはひとりになってしまった――その空虚さだけがわたしを支配していた。
 ぼんやりと空を眺めて時が過ぎてゆく。
 この空は、青色か、灰色か。
 それすらもよく分からない。
 ただただ満ちる、孤独感。
 色とりどりに紅葉している眼下の森も、今日はぐじゃぐじゃに混ざった絵の具のように目に映る。
 低い声が聞こえたのは、そんな時だった。
「……おい」
 緩慢な動作で振り向くと、カインさんが立っていた。
「…………」
 言葉が、出てこない。
「……何かあったのか」
 抑揚のない言い方だけど、これはカインさんなりの精一杯穏やかな声だ。
 きっとわたし、ひどい顔してるんだわ。
「え、えっと……」
 わたしは慌てて表情を取り繕い、立ち上がった。
「あの! 嬉しい知らせがあって。弟のパロムがトロイア国の黒魔法特別講師として招かれることになったんです」
 わたしはできるかぎり元気を出して言った。
「ほう? 大したもんだな、あの偏屈なトロイアに招聘されるなど」
「はい、わたしも本当に嬉しいです。こんな名誉ある職を頂けるだなんて……」
 嬉しい。めでたい。両手を振って応援している。
 それは紛れもない事実、わたしの偽りのない気持ち。
 ……だけど。
「本当に……あのパロムが……昔は悪さばっかりして、人の言うことなんかちっとも聞きやしなかったのに……」
 いたずら小僧だったパロムの姿が脳裏に蘇り、かき消える。代わりに現れたのはマントを羽織って凛と立つ、優秀な黒魔道士だ。
「すっかり大人みたいになっちゃって……」
 はは、と力ない笑いがこぼれた。
「今日から、もうトロイアに住むんですって。あの子、わたしがいないとろくに洗濯もできないのに、大丈夫なのかしら」
 冗談っぽく言った自分の声が空虚に響く。
「そうか……寂しくなるな」
「っ……、はい」
 改めて言われると、胸のうちがぐらぐらと不安定に揺れた。
 その揺らぎを押し止めるように、わたしは精一杯虚勢を張る。
「ほ、本当は、心配いらないってわかってるんです。あの子、わたしの百倍世渡り上手ですから!」
「…………」
「わ、わたしも、パロムがいなくなったぶん家事が減りますから、今までよりお仕事に集中できます。もう料理のたびにパロムの好き嫌いを気にしたり、パロムの脱ぎ散らかした服を畳んだりとか、しなくていいですものね!」
「ポロム」
「別に、寂しくたって、平気……」
「ポロム、無理をするな」
 ぺらぺらと吐き出されるわたしの虚勢を、カインさんは止めた。
 カインさんのいたたまれないような面持ちを見れば、わたしの本音など筒抜けなのだと思い知らされた。
 寂しい。
 突然訪れたパロムとの別れが寂しくてたまらない。
 パロムの就職は本当に嬉しい。
 嬉しいのに、心からの笑顔で祝えない自分が情けなくて嫌になる。
 だけど、そんなわたしを前にカインさんは首を振った。
「別れを悲しむことは悪ではない。幼い頃からずっと一緒に育った双子の弟なのだろう?」
「でも」
「俺はお前くらいの歳の頃に父を亡くした。だが自分が後を継ぐ嫡男である手前、泣かなかったし、泣けなかった。……だが、あの時思う存分泣いていればよかったと、今では思う」
「…………」
「心配するな、誰にも言わんし、情けないとも思わん。ただ俺の前でそんな無理をする必要はない」
 その声が痛いほどに優しすぎて。
 無理などしていない、と言おうとしたのに、ついに視界がぼやけた。
「っ……!」
 涙が、落ちた。堰を切ったようにぼろぼろと溢れ出した。
「パロム……パロムー……!」
 虚勢という梁を失ったわたしの心は完全に崩れてしまった。子どものように弟の名を呼ぶ。
 ずっと一緒だと思っていた。
 理由も根拠もないけれど、わたしとパロムはずっとミシディアで一緒だと思って疑いもしていなかった。
 だけど、わたしはわたし、パロムはパロム。
 いつかは違う人生を歩むのだ。
 そのことを受け入れる痛みを、寂しさを。
 この熱い涙が、ひと粒ずつ、洗い流してくれる。

次のページへ進む
目次へ戻る